スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模原 整骨院(接骨院)での交通事故治療Q&A

Q:相手方の保険会社が勧める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか? A:治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば
  保険会社は速やかに手続きをする義務があります。



Q:現在かかっている医療機関や整骨院(接骨院)をかえられますか?
A:可能です。保険会社の担当者の方に相談してみると良いでしょう。
  *恵和整骨院でもこのような相談は良くあります。
   「他の病院に通っていたけど何もしてくれなくて・・・」
    患者様は納得がいく治療を受ける権利があります。
    治療に納得がいかない場合はすぐに病院を変えましょう。



Q:加害者が保険に加入していないと言っていますが?
A:車を所有している人であれば、強制保険(自賠責保険 )に入っています。
  任意保険に加入していない人はいます。



Q:交通事故に遭い「むち打ち」と言われました。整骨院で治療できますか?
A:可能です。
  湿布や痛み止めの治療では早期改善がみられないこともありますので、
   整骨院での治療が良いかもしれません。
  *むち打ちといわれた、と言うことですが誰にそういわれたのかも 非常に重要です。
   周りの友人や自己判断で無くまずは医療機関に行くことをオススメします。



Q:事故で入院していたのですが、退院後のリハビリは整骨院などでできますか?
A:可能です。
  骨折後の治療も万全の態勢を整えております。お気軽にご相談くだ さい。
  *新宿整骨院でも、複雑骨折、皮膚移植などの手術を受けた患者さんが
   病院での手術後当院での治療を希望されて来院されています。




Q:治療費は?
A:交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担はありません(ゼロです)。



Q:治療期間は?
A:交通事故はケースにより様々で一概には言えませんが、一般的に3~6ヶ月です。




Q:現在、病院に通院しているのですが・・・
A:交通事故の場合、病院に通院しながら当院で治療・リハビリを受ける事も可能です。
  保険会社に一度相談してみましょう。 → 整形外科と整骨院の違い




Q:事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取り扱いできますか?
A:基本的には取り扱いできますが、あまり時間が経過していると事故との関係がハッキリしなくなります。
  違和感を感じた時点で、早めに受診する事をお勧めします。様々なケースがありますので、
  念のため保険会社にお問い合わせ下さい。




Q:症状が軽くても保険で治療が受けられますか?
A:症状の重い軽いは関係なく、保険で治療を受けられます。
  交通事故の場合、後で症状が重くなる事もありますので軽く見ずに早めの受診をお勧めします。



-------------------------
相模原の交通事故治療なら「恵和整骨院」

住所:〒252-0324 相模原市南区相武台2-24-17
電話番号:046-257-0059
定休日:日曜日・祝日
営業時間:月~金 9:00~12:00 16:00~19:30
       土曜日 9:00~12:00 13:30~17:30
-------------------------

相模原市 整骨院(接骨院)での交通事故治療 Q&A

Q:交通事故に遭ってしまったら、どうすればいいの?

A:まずは警察に届け出を出しましょう。
  ※自賠責保険、任意保険どちらも事故証明が必要となります。
  他にも以下の情報を控えましょう。
  ○加害者の氏名、住所と連絡先
  ○車の登録ナンバー
  ○任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名


Q:接骨院で交通事故の治療をしてもらえるのですか?

A:はい。 患者さまは、医療機関や接骨院をすべて自由に選ぶことができます
  *自賠責保険を使った治療の場合、 病院に通院したときと同じように 慰謝料を受け取ることが出来ます。。





Q:他の医療機関との併用は可能ですか?

A:可能です。他の医療機関に通院しながら、当院での治療を併用する事ができます。
  病院での診断、治療に基づき治療を進める治療法をおすすめしております。
  病院では、少しでも痛いところは全て伝えておくとよいでしょう。
  *病院、整骨院などでそれぞれ得意な治療法が分かれます。
   また整骨院では精密検査や薬の処方が出来ません。
   症状にあわせて医療機関を併用するのがいいと思います。





Q:治療を受けるための手続きは面倒ですか?

A:特殊な手続きは不要で、すぐに治療を受ける事が出来ます。
  保険会社への連絡は、来院後でも構いません。まずは当院にご相談下さい。
  



Q:保険会社が治療する医療機関を決めるのですか?

A:どこの医療機関にかかるかは、ご本人が決める事です。
  通院先の病院名・接骨院名と電話番号を伝えれば、後は保険会社と病院または接骨院が相談します。



-------------------------
相模原の交通事故治療なら「恵和整骨院」

住所:〒252-0324 相模原市南区相武台2-24-17
電話番号:046-257-0059
定休日:日曜日・祝日
営業時間:月~金 9:00~12:00 16:00~19:30
       土曜日 9:00~12:00 13:30~17:30
-------------------------


相模原で交通事故にあった際の治療の流れ

治療の流れ

1:お電話か受付にて「交通事故後の治療を受けたい」とご相談下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
事故による負傷は医師の診断が必要となりますので、
まず医師の診察を受けられたか確認します。まだ病院(整形外科)へ
行っていなければ、医師の診察を受けて頂きます。

まだ病院に行っていない方も、ご不明点などわかりやすくお教えします。
提携病院の紹介などもいたしますので、まずはお気軽にお電話ください。


新宿整骨院           03-3348-1056
恵和整骨院           046-257-0059
ボディメンテナンスKeiwa整骨院 042-738-3150



2:担当する保険会社へ「当整骨院での治療を受けたい」 と伝えて下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
保険会社より治療依頼の連絡が当院に入り、治療開始となります。



3:治療を開始します
--------------------------------------------------------------------------------
診断結果の症状に合った治療法や器具を選択し、
患者さんに負担がかからないよう治療を進めていきます。
日常生活での注意事項や自宅で出来る運動療法などアドバイスします。



4:治療終了とアフターケアについて
--------------------------------------------------------------------------------
痛みや症状が無くなったのを確認後、今後の生活面での注意事項の告知。
保険会社に完治の報告と示談内容が届きます。


-------------------------
相模原の交通事故治療なら「恵和整骨院」

住所:〒252-0324 相模原市南区相武台2-24-17
電話番号:046-257-0059
定休日:日曜日・祝日
営業時間:月~金 9:00~12:00 16:00~19:30
       土曜日 9:00~12:00 13:30~17:30
-------------------------

交通事故後の症状3

 「むち打ち症」の検査

 問診により、事故状況や症状を聴いたり、頚部の運動性や運動痛の有無や圧痛点などを診察します。
神経学的検査として、スパーリングテスト、ジャクソンテストなどや反射検査、知覚検査などを行ないます。
単純レントゲン撮影が主ですが、症状によってはMRIやCTスキャン等も必要とされる場合があります。

 「むち打ち症」の治療

 「むち打ち症」の治療は、受傷からの時間的経過により、急性期、亜急性期、慢性期に分けて行うのが一般的です。
主として「むち打ち症」の70パーセントを占めるといわれる「頚椎捻挫」を中心に述べることとします。

(1)急性期(受傷~1ヶ月

 たんてきに言えば、切り傷など出血が止まり、傷口が塞がるまでの期間(組織が瘢痕かする期間)は3週間といわれているが、他の外傷も同じです。
程度にもよるが、ゆとりをもって受傷時から1ヶ月程度と考えられます。

頚部の安静と固定。

 初期の安静は重要とされ、後遺症を左右するとも言われます。
入院については、頚椎捻挫には必要ないとするのが一般的です。
ただ、神経根症状、知覚障害、麻痺などがはっきりしている場合 は、急性期期間程度の入院が必要とされます。
固定は、ギプスやカラーなどによるものがほとんどです。
固定期間が長くなると、筋肉の拘縮や萎縮などにより心理的にも良くないとされます。
他は局所の湿布処置、内服薬は消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、精神安定剤、ビタミン剤などです。

(2)亜急性期(1~3ヶ月)
 組織の瘢痕を経て周囲とほとんんど同じ柔軟性をとりもどし修復が終わるのに8週といわれています。
つまり2ヶ月であるが、それに急性期に1ヶ月固定されると頚椎の可動が低下するので、その回復も含めて機能的に修復完了する期間を受傷後3ヶ月と見たものです。
それ以降を「慢性期」とされます。

 亜急性期の治療は、運動、温熱、牽引といった物理療法が中心となります。
固定により弱化した頚部の筋肉を強化し、頚部の運動性の回復を図るものです。
運動療法は、自動運動や筋力強化により、頸の筋肉を伸ばしたり縮めたりすることや固定により弱くなった筋肉を強化し、運動性の回復と血液の循環を改善するのが目的です。

 温熱療法としては、ホットパック、赤外線、マイクロウエーブ(極超短波)、低周波等があります。
牽引は筋緊張が強い時は禁忌とされている。
内服は循環促進剤、各種ビタミン剤などによります。
神経根症状を呈する場合は、亜急性期から慢性期にさしかかる頃、大後頭神経ブロックや自律神経失調症状に対しての、星状神経ブロックなどが行われます。

(3)慢性期(3ヶ月以降)
 薬物は必要最少限にとどめ依存を断ち切る必要があり、神経根症状や自律失調症状には神経ブロックなどを10回をめどに行います。
神経根型の場合は、脊髄の造影と椎間板造影、筋電図などの諸検査をもとに手術療法も考えられます。
その他に後療法として、整骨、ハリ、マッサージ、心理療法(日本ではその必要性は言われてもほとんど行なわれていない)などがあります。


-------------------------
相模原の交通事故治療なら「恵和整骨院」

住所:〒252-0324 相模原市南区相武台2-24-17
電話番号:046-257-0059
定休日:日曜日・祝日
営業時間:月~金 9:00~12:00 16:00~19:30
       土曜日 9:00~12:00 13:30~17:30
-------------------------


交通事故後の症状2

「むち打ち症」の分類

 「むち打ち症」とは、その起こり方をさすものですが、
その病態から一般的には次のように分けられています(後になるほど重症)。

「頚椎捻挫型

 むち打ち症の中で最も多く、70%を占めるといわれています。
頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靭帯などが損傷されたものです。
足首などを捻挫した時に内出血が見られるが、それと同じ様なことが首の周りに起こっていると見なされるもの(推定診断)です。

「バレー・リュー症候群型」

 後頚部交感神経の刺激症状として、内耳の症状や目の症状、心臓の症状、咽喉頭部の症状などを呈するが、耳鼻科、眼科、内科などの他覚的(客観的)所見は乏しく、自覚的愁訴が主となります。


「神経根症状型」

 脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。
この神経根の周りに腫れが起こったり、引抜きのような損傷が起こると、それぞれの神経がコントロールしている部位に症状があらわれます。
神経学的検査などにより、他覚的所見が認められます。


「低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)」

最近提唱され始めた見解で病態はまだよく解明されていません。
脳脊髄液 が減少することで頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠、視力障害、思考力や記憶力低下など様々な症状が出現するというもので、軽微な事故の原因不明なものにはこの症例が含まれているのではないかと言われています。
最近では文部科学省が髄液漏れの存在について、幼稚園から大学までの学校現場に広く周知することを決めています。

詳しいことはネットで同名の検索すれば多くの解説が出ていますのでお確かめ下さい。

-------------------------
相模原の交通事故治療なら「恵和整骨院」

住所:〒252-0324 相模原市南区相武台2-24-17
電話番号:046-257-0059
定休日:日曜日・祝日
営業時間:月~金 9:00~12:00 16:00~19:30
       土曜日 9:00~12:00 13:30~17:30
-------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。